映画音楽をメインに、SP盤とレコードを楽しんだ夜

2016.09.17 Saturday 16:39
0

    昨日の夜にSP盤(78回転のレコード)を
    いくつか録音しようとして、選んで再生してみました。

    ドロレス・デル・リオ主演の
    1935年製作のアメリカ映画『カリアンテ』
    (本邦公開:昭和10年)の主題歌レコード・・・ 
    これは、シンガーで出演している
    フィル・リーガン(昭和29年公開のアメリカ映画
    『土曜は貴方に』等に出演)が歌っている
    当時発売のSP盤です。

    フィル・リーガンの甘いヴォイスに、
    きれいな女性ソプラノがときどき絡み合い、
    これまた美しいコーラスと演奏で、
    うっとりするような録音でした。

    他にいつくか映画音楽を堪能し、いままで
    ずっと迷っていた『マントヴァーニ・テレビ・ショウ』の
    ダイレクト録音盤(直接に音溝を刻んで行くラッカー盤)
    を思い切って再生してみました・・・というのも、
    これは経年劣化によりボロボロで、表面の膜がある程度
    剥がれかかり、基盤のアルミが所々露出している状態の
    EMIディスクです。
    もう手入れのしようがないので、そのまま、かけてみました。

    1958年の録音とあり、ノイズはあるものの、
    音質は不思議と良かったのです(笑)
    ひょっとしたら、途中の一部で針が
    スライド(スキップ)している感じもありますが、
    かからない可能性があると思っていたので発見でした。
    マントヴァーニの華麗な演奏は素晴らしい!

    1950年代のSP盤は、どうもノイズが多いので、
    可能なら45回転のEP盤の方が良いです。
    もちろん、この映画も見た事無いのですが、
    ムード・ミュージックの楽団リーダーが担当したものは
    好んで聴いています。
    例えば、1959年のイギリス映画『裸の鏡』
    (本邦公開:昭和36年)のテーマ。
    売春組織の実態を暴くドラマだそうですが、
    監督はジョン・レモント、音楽はフィリップ・グリーンです。

    フィリップ・グリーンといえば、
    イギリスの大御所楽団ですが、
    彼が作曲した、この映画のテーマを彼の楽団で
    演奏しているレコードがあります・・・ 
    オリジナル・スコアといったところでしょうか。

    ・・・ということで、ひとりレコード・コンサートを
    夜中に楽しんだ一部日記でした(笑)
    これらの録音の中から、いくつかは後日発表させて
    いただくつもりです。
    category:音楽 | by:H.Isozaki | - | - | -

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    『レコードのムード』冊子編 Vol.1 CD付き (ヴィンテージ・レコードと、クラシックな映画音楽のディープな世界)
    『レコードのムード』冊子編 Vol.1 CD付き (ヴィンテージ・レコードと、クラシックな映画音楽のディープな世界) (JUGEMレビュー »)
    オリジナル・サウンドトラック,レス・バクスター楽団,ピーター・デ・ローズ,デイヴ・バーバー楽団,フェリックス・スラットキン楽団,ビリー・ヴォーン楽団,シリル・スコット,ディック・ジェイコブス楽団,アンドレ・ポップ楽団,イマ・スマック,モートン・グールド楽団
    Recommend
    『レコードのムード』アメリカ映画「青い目の蝶々さん」編
    『レコードのムード』アメリカ映画「青い目の蝶々さん」編 (JUGEMレビュー »)
    サイ・ゼントナー楽団,リチャード・マルトビー楽団,ティト・フジ楽団,ハリー・スークマン楽団,ウディー・ハーマン楽団,エンリケ・ホリン楽団,レス・バクスター楽団
    Recommend
    『レコードのムード』シネラマ映画「世界の七不思議」編
    『レコードのムード』シネラマ映画「世界の七不思議」編 (JUGEMレビュー »)
    ユーゴー・ウインターハルター楽団,レス・バクスター楽団,ビリー・メイ楽団,キース・ウイリアムス楽団,レイ・アンソニー楽団,レイモンド・スコット楽団,モートン・グールド楽団


    日曜夜の思い出は、やっぱり「この音」で!



    2009年発売タイトルを

    オーディオパーク・レーベルにて復刻させて

    いただきました。



    選曲解説からジャケットのデザインまで、

    全部私が担当させてもらっています。



    ちなみに、2009年に発売した EH-5001 は

    雑誌『CDジャーナル』にて星印付きで

    増渕英紀 氏にレビューいただいています!



    Recommend
    『レコードのムード』アメリカ映画「アパートの鍵貸します」編
    『レコードのムード』アメリカ映画「アパートの鍵貸します」編 (JUGEMレビュー »)
    フランク・フィールズ楽団,ヴァルディ楽団,アルフォンソ・ゴンサレスとハープ・パラグァイア,レイ・アンソニー楽団,デヴィッド・キャロル楽団,ジャック・レモン,ラス・ガルシア楽団

    オーディオパーク・レーベルにて
    作らせていただいた第2弾!
    素敵なバーをイメージしています。
    おしゃれな、あなた様には
    ぴったりのアルバムです。

    雑誌『CDジャーナル』2013年
    5月号にて
    佐藤篁之 氏によるレビューで
    掲載くださいました。

    隔月刊雑誌『ジャズ批評』2013年
    5月号(No.173)にて、
    小針俊郎 氏によるレビューで
    掲載くださいました。
    Recommend
    『レコードのムード』イタリア映画『甘い夜』編
    『レコードのムード』イタリア映画『甘い夜』編 (JUGEMレビュー »)
    マーティ・マニング楽団,ラルフ・マーテリー楽団,チャキート楽団,ジョン・カカバス楽団,リチャード・ショアーズ楽団,ハリー・スークマン楽団,ラッセル・フェイス楽団,アンリ・ルネ楽団

    オーディオパーク・レーベルにて
    作らせていただいた第3弾!
    マニアックな選曲で深い世界に
    お誘いいたします・・・ 

    雑誌『CDジャーナル』2013年
    5月号にて「イチ押しCD」としての星印を
    増渕英紀 氏によるレビューでいただきました。
    みなさまに感謝!
    Recommend
    Ultimate Yma Sumac Collection
    Ultimate Yma Sumac Collection (JUGEMレビュー »)
    Yma Sumac

    イマ・スマックの未発表音源『Huayno』
    のラッカー盤コピーを
    『ラジオのムード6』という、私が
    自主制作にて発表しているCDにて
    収録させていただきました。
    こちらでも、その貴重な未発表音源が
    収録されているため、音質のお聴き比べ
    で御紹介しています。
    Recommend
    ディスク・ガイド・シリーズ ジャズ・ギター (The DIG Presents Disc Guide Series JAZZ Guitar)
    ディスク・ガイド・シリーズ ジャズ・ギター (The DIG Presents Disc Guide Series JAZZ Guitar) (JUGEMレビュー »)
    久保木靖

     私が自主制作にて作らせて
    いただいた復刻CD
    『デイヴ・バーバー・レコード・コンサート』
    (LC-109) を掲載・紹介してくださいました。
    ジャズ・ギターに御興味のある方には、
    とても興味深いガイドブックになると思います。
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM