昔の洋画からのテーマ音楽(映画館の中でもレコードがかけられていた)

2016.12.09 Friday 01:47
0
    昭和20年代、30年代に発売された、
    当時の日本の雑誌等を見てみると、
    いかに映画音楽がラジオで多く流れていたことが判ります。

    ヴィクター・ヤング楽団の『エデンの東』、
    スリー・サンズの『ジェルソミーナ(道)』等々、
    いろいろありますけれど、
    どれもメロディーが印象的で、オーケストラの
    美しい演奏が流れていたことを想像すると、
    これが本当に豪華なひとときに思えてしまうのです。

     私は当時には生まれておりませんので、
    映画も含め、当時流行ったかどうかには関係がなく、
    作品そのものに対して興味を持っています。
    ですから、映画の内容はともかくとして、
    音楽作品として楽しんでいただきたいという考えで、
    いろいろと面白いものを取り上げて
    『マニアックな映画音楽』という復刻CDも
    昨年に作っています。
    当時のレコードを使って録音しているので、当時の
    レトロな雰囲気を出しつつも、
    案外音がいいんですよ(笑)
    レコードの音だと言って馬鹿にする人もいるのですが、
    きちんと整えて再生すれば、
    音も個性ある芸術のうちで、
    かなり良い音で聴こえるものです。

    話題にもならずに不評に終わった外国映画なんて、
    興味を持たれないかも知れませんが、
    音楽作品としては、また別で、
    「こんなのも、かつて
    日本で公開されていた映画なのか・・・」と
    想像を膨らませて聴くミステリアスな主題歌も、
    また楽しいのです。

    アメリカ映画『アパートの鍵貸します』の
    ジャック・レモンが作曲した、
    ある映画のテーマを聴いて、それもまた発見を
    見つけるかも知れませんし、
    同じ曲でも演奏家によって、まるで変わってしまう楽しさ、
    そして、オリジナル・サウンドトラック故の
    映画館での想像や、それらとはまるで違う
    作曲者による演奏のもの等、
    マニアックな映画の音楽の世界も深く、
    資料とともに、お裾分けできる冊子のVol.2 を
    来年に発表したいと作っています・・・(笑)

    復刻CD『マニアックな映画音楽』より、
    ただいま流れておりますのは、
    昭和36年6月公開のアメリカ映画『びっくり大将』のテーマ曲。
    つづいて、
    昭和36年7月公開のイギリス映画『黒い狼』から
    テーマ曲と、(主役の)アナクレトのテーマを・・・ 
    おかけしました。


    こんな映画みんな知らないですよね(苦笑)

    category:音楽 | by:H.Isozakicomments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    『レコードのムード』冊子編 Vol.1 CD付き (ヴィンテージ・レコードと、クラシックな映画音楽のディープな世界)
    『レコードのムード』冊子編 Vol.1 CD付き (ヴィンテージ・レコードと、クラシックな映画音楽のディープな世界) (JUGEMレビュー »)
    オリジナル・サウンドトラック,レス・バクスター楽団,ピーター・デ・ローズ,デイヴ・バーバー楽団,フェリックス・スラットキン楽団,ビリー・ヴォーン楽団,シリル・スコット,ディック・ジェイコブス楽団,アンドレ・ポップ楽団,イマ・スマック,モートン・グールド楽団
    Recommend
    『レコードのムード』アメリカ映画「青い目の蝶々さん」編
    『レコードのムード』アメリカ映画「青い目の蝶々さん」編 (JUGEMレビュー »)
    サイ・ゼントナー楽団,リチャード・マルトビー楽団,ティト・フジ楽団,ハリー・スークマン楽団,ウディー・ハーマン楽団,エンリケ・ホリン楽団,レス・バクスター楽団
    Recommend
    『レコードのムード』シネラマ映画「世界の七不思議」編
    『レコードのムード』シネラマ映画「世界の七不思議」編 (JUGEMレビュー »)
    ユーゴー・ウインターハルター楽団,レス・バクスター楽団,ビリー・メイ楽団,キース・ウイリアムス楽団,レイ・アンソニー楽団,レイモンド・スコット楽団,モートン・グールド楽団


    日曜夜の思い出は、やっぱり「この音」で!



    2009年発売タイトルを

    オーディオパーク・レーベルにて復刻させて

    いただきました。



    選曲解説からジャケットのデザインまで、

    全部私が担当させてもらっています。



    ちなみに、2009年に発売した EH-5001 は

    雑誌『CDジャーナル』にて星印付きで

    増渕英紀 氏にレビューいただいています!



    Recommend
    『レコードのムード』アメリカ映画「アパートの鍵貸します」編
    『レコードのムード』アメリカ映画「アパートの鍵貸します」編 (JUGEMレビュー »)
    フランク・フィールズ楽団,ヴァルディ楽団,アルフォンソ・ゴンサレスとハープ・パラグァイア,レイ・アンソニー楽団,デヴィッド・キャロル楽団,ジャック・レモン,ラス・ガルシア楽団

    オーディオパーク・レーベルにて
    作らせていただいた第2弾!
    素敵なバーをイメージしています。
    おしゃれな、あなた様には
    ぴったりのアルバムです。

    雑誌『CDジャーナル』2013年
    5月号にて
    佐藤篁之 氏によるレビューで
    掲載くださいました。

    隔月刊雑誌『ジャズ批評』2013年
    5月号(No.173)にて、
    小針俊郎 氏によるレビューで
    掲載くださいました。
    Recommend
    『レコードのムード』イタリア映画『甘い夜』編
    『レコードのムード』イタリア映画『甘い夜』編 (JUGEMレビュー »)
    マーティ・マニング楽団,ラルフ・マーテリー楽団,チャキート楽団,ジョン・カカバス楽団,リチャード・ショアーズ楽団,ハリー・スークマン楽団,ラッセル・フェイス楽団,アンリ・ルネ楽団

    オーディオパーク・レーベルにて
    作らせていただいた第3弾!
    マニアックな選曲で深い世界に
    お誘いいたします・・・ 

    雑誌『CDジャーナル』2013年
    5月号にて「イチ押しCD」としての星印を
    増渕英紀 氏によるレビューでいただきました。
    みなさまに感謝!
    Recommend
    Ultimate Yma Sumac Collection
    Ultimate Yma Sumac Collection (JUGEMレビュー »)
    Yma Sumac

    イマ・スマックの未発表音源『Huayno』
    のラッカー盤コピーを
    『ラジオのムード6』という、私が
    自主制作にて発表しているCDにて
    収録させていただきました。
    こちらでも、その貴重な未発表音源が
    収録されているため、音質のお聴き比べ
    で御紹介しています。
    Recommend
    ディスク・ガイド・シリーズ ジャズ・ギター (The DIG Presents Disc Guide Series JAZZ Guitar)
    ディスク・ガイド・シリーズ ジャズ・ギター (The DIG Presents Disc Guide Series JAZZ Guitar) (JUGEMレビュー »)
    久保木靖

     私が自主制作にて作らせて
    いただいた復刻CD
    『デイヴ・バーバー・レコード・コンサート』
    (LC-109) を掲載・紹介してくださいました。
    ジャズ・ギターに御興味のある方には、
    とても興味深いガイドブックになると思います。
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM