資料にないレコード作品を見つけて世界が広がる

2017.03.12 Sunday 00:10
0


    自分と同じ年齢で知っている人もいないであろう
    『ミスター・ベースマン』というヒット曲を出した
    ジョニー・シンバルの歌をもっと知りたいと思い、
    高校生の頃、横浜市内のある中古レコード屋さんに
    「ウォントリスト」を出していた時がありました。

    そうしたら、ジョニー・シンバルのLPが
    入荷したというハガキが来て、
    高校生の私は感激しました(笑)
    それも2500円という値段で、1960年代の
    当時LPをそんなに安く売っていただけるのかと喜び、
    ある土曜日の午後に電車を乗り継ぎ、
    その中古レコード屋へ行きました。

    お店で「ハイ、これね!」っと手渡されたのが、
    『ブライアン・ハイランドV.S.ジョニー・シンバル』定価2500円
    ワーナーパイオニア(P-1157)監修:木崎義二
    という日本盤のLPでした。
    古いキャップ・レーベルのロゴがデザインされている
    とはいえ、当時のものと思えない新しいジャケットで・・・
    復刻盤と分かって少しがっかり。

    『ビキニ・スタイルのお嬢さん』というヒット曲を
    出したブライアン・ハイランドがA面、
    ジョニー・シンバルがB面というカップリングで、
    しかも1985年に発売されたもの。
    まだそんなに古くない品物・・・ なのに定価の値段!!(苦笑)
    他に聴く手段がなかったので、
    あまり満足はしないものの、これを買って帰りました。

    レコードに付属しているライナー・ノーツは、
    上野シゲル 氏の名前で、事細かなジョニー・シンバルの
    出したレコード・データが載っていました。
    МGМから発売した、彼のシングル・レコードから始まり、
    チェルシー・レーベルまでの活動に至るまで
    掲載されていて、私にとっては音源よりも、
    このデータの方に興味がいってしまいました(笑)

    掲載されていたシングル・レコードは、
    決して多い枚数ではありませんが、それでも専門家と
    される方が書いた資料として、
    これが完璧でないなんて、疑いもしませんでした。

    それから数年後、上記写真でお見せしている
    アメリカのCBSコロムビアのジョニー・シンバルの
    シングル盤が、ある場所から出てきて譲ってもらいました。
    category:音楽 | by:H.Isozakicomments(0) | - | -

    3.11も忘れない・・・ 東日本大震災から6年が経って

    2017.03.11 Saturday 16:26
    0


      2011年3月11日に起った地震の直後から、
      テレビやラジオは全部、このニュースに切り替わりましたね。
      当日の夕方にテレビで見る、あまりに悲しい映像に、
      いたたまれなくなって、私は一度、外に出て空を眺めました。

      そして、この時に見つけた月に向かって祈りました。
      今日亡くなられた大勢の方々が、成仏できますよう・・・ 
      大切な人やペット、モノを失われた方達に、
      少しでも早く、心の平安が多くもたらされますよう・・・ 
      という内容だったと記憶していますが、
      言葉にならない思いという方が正しかったかも知れません。

      その時に祈った月を撮影したのが、この写真です。
      自動のピントが合わなくて、
      何枚か撮影しましたが、どれもこんな感じでした。
      この月の下で、多くの方の悲しみがあったのを
      決して忘れることはありません。
      出来ることは限られますが、
      被災された方々には陰ながら応援させてもらっているひとりです。

      category:ひとりごと | by:H.Isozakicomments(0) | - | -

      味わっていただく前の、流通の壁・・・そして、組織の内面を知る

      2017.03.09 Thursday 17:30
      0


        一般に市販されている音楽CDでしたら「CDショップ」、
        本だったら「本屋」に置いてあるものと考えますが、
        自主製作で作るとなると、そうやってお店に
        置いていただく(仕入れていただく)にも
        大変な手間とコストがかかるものなのです・・・ 
        つまり、それらお店に置いてもらうためには、取次という
        流通システムに、色んな条件と費用を整えて
        出さなければならないのです。
        しかも、出したからといって、必ず売れる訳でもなく、
        毎月の管理費などのコストは請求されるので、
        自主製作ものは、なかなか一般市販させることができません。

        色々な意味で、貴重な録音を紹介したいと思い、
        復刻CDなり、説明する冊子を作らせていただいて
        いる次第ですけれども、
        インターネットをされない方もいる訳ですし、
        実際に手に取って買いたいという方も
        いらっしゃるでしょうから、個人の商品でも
        置いていただけそうなお店等へ、直接にメールか
        手紙、ファックスでお願いしてみることがあります。

        大体は、先方の業務内容に共感し、
        「もしよろしければ扱っていただきたく、
        見本を送らせていただきたいのですが」という内容の
        “問い合わせ”ですが、商品の売り込みではありません。
        そのように企業あるいは、お店にコンタクトをしてみると、
        そこの運営者の「お人柄」というのが判ります。

        もっとストレートに表現すると、御断りかどうかの
        category:音楽 | by:H.Isozakicomments(0) | - | -

        60年以上も前に、自主製作映画とサントラレコードを作った人達を思う

        2017.03.06 Monday 19:07
        0


          ヴィンテージ・レコードと、クラシックな映画音楽の
          ディープな世界と題して、貴重な録音のCD付きの冊子
          『レコードのムード』冊子編 Vol.1 VMBCー7501(定価:2500円 + 税)

          に書かせていただいた記事では、昭和30年代、
          アメリカでは1950年代の話になりますが、
          一般市販された書籍などでも明かされていない
          細かい情報というのも、それらの事柄を調べる上では
          非常に重要な情報になります。

          まだその時代には生まれていない私には、
          当時の状況を直接に見ている訳ではありませんので
          いろんな現物資料からパズルのように組み合わせて
          探って行くのですが、
          解明が出来て、後のためにも資料価値があったり、
          面白いものは情報を残したいと思っています。
          このCD付き冊子は自主製作なので、
          御購入いただけると、ありがたいのですが(笑)

          特に当事者達が残した、
          何らかのドラマのある物的証拠は面白いもので、
          例えば、今後に発表させていただこうとするものでは、
          アメリカの比較的大きなレコード会社に
          1950年代から(随分後まで)残されていた
          自主製作映画のサントラレコードと、
          その映画製作者の一人が書いた手紙があります。

          つまり、その映画のサントラをそのレコード会社から

          続きを読む >>
          category:音楽 | by:H.Isozakicomments(0) | - | -

          Calender
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          30      
          << April 2017 >>
          Selected entry
          Category
          Archives
          Recent comment
          • 特定秘密保護法案には反対です。
            戦争
          Recommend
          『レコードのムード』冊子編 Vol.1 CD付き (ヴィンテージ・レコードと、クラシックな映画音楽のディープな世界)
          『レコードのムード』冊子編 Vol.1 CD付き (ヴィンテージ・レコードと、クラシックな映画音楽のディープな世界) (JUGEMレビュー »)
          オリジナル・サウンドトラック,レス・バクスター楽団,ピーター・デ・ローズ,デイヴ・バーバー楽団,フェリックス・スラットキン楽団,ビリー・ヴォーン楽団,シリル・スコット,ディック・ジェイコブス楽団,アンドレ・ポップ楽団,イマ・スマック,モートン・グールド楽団
          Recommend
          『レコードのムード』アメリカ映画「青い目の蝶々さん」編
          『レコードのムード』アメリカ映画「青い目の蝶々さん」編 (JUGEMレビュー »)
          サイ・ゼントナー楽団,リチャード・マルトビー楽団,ティト・フジ楽団,ハリー・スークマン楽団,ウディー・ハーマン楽団,エンリケ・ホリン楽団,レス・バクスター楽団
          Recommend
          『レコードのムード』シネラマ映画「世界の七不思議」編
          『レコードのムード』シネラマ映画「世界の七不思議」編 (JUGEMレビュー »)
          ユーゴー・ウインターハルター楽団,レス・バクスター楽団,ビリー・メイ楽団,キース・ウイリアムス楽団,レイ・アンソニー楽団,レイモンド・スコット楽団,モートン・グールド楽団


          日曜夜の思い出は、やっぱり「この音」で!



          2009年発売タイトルを

          オーディオパーク・レーベルにて復刻させて

          いただきました。



          選曲解説からジャケットのデザインまで、

          全部私が担当させてもらっています。



          ちなみに、2009年に発売した EH-5001 は

          雑誌『CDジャーナル』にて星印付きで

          増渕英紀 氏にレビューいただいています!



          Recommend
          『レコードのムード』アメリカ映画「アパートの鍵貸します」編
          『レコードのムード』アメリカ映画「アパートの鍵貸します」編 (JUGEMレビュー »)
          フランク・フィールズ楽団,ヴァルディ楽団,アルフォンソ・ゴンサレスとハープ・パラグァイア,レイ・アンソニー楽団,デヴィッド・キャロル楽団,ジャック・レモン,ラス・ガルシア楽団

          オーディオパーク・レーベルにて
          作らせていただいた第2弾!
          素敵なバーをイメージしています。
          おしゃれな、あなた様には
          ぴったりのアルバムです。

          雑誌『CDジャーナル』2013年
          5月号にて
          佐藤篁之 氏によるレビューで
          掲載くださいました。

          隔月刊雑誌『ジャズ批評』2013年
          5月号(No.173)にて、
          小針俊郎 氏によるレビューで
          掲載くださいました。
          Recommend
          『レコードのムード』イタリア映画『甘い夜』編
          『レコードのムード』イタリア映画『甘い夜』編 (JUGEMレビュー »)
          マーティ・マニング楽団,ラルフ・マーテリー楽団,チャキート楽団,ジョン・カカバス楽団,リチャード・ショアーズ楽団,ハリー・スークマン楽団,ラッセル・フェイス楽団,アンリ・ルネ楽団

          オーディオパーク・レーベルにて
          作らせていただいた第3弾!
          マニアックな選曲で深い世界に
          お誘いいたします・・・ 

          雑誌『CDジャーナル』2013年
          5月号にて「イチ押しCD」としての星印を
          増渕英紀 氏によるレビューでいただきました。
          みなさまに感謝!
          Recommend
          Ultimate Yma Sumac Collection
          Ultimate Yma Sumac Collection (JUGEMレビュー »)
          Yma Sumac

          イマ・スマックの未発表音源『Huayno』
          のラッカー盤コピーを
          『ラジオのムード6』という、私が
          自主制作にて発表しているCDにて
          収録させていただきました。
          こちらでも、その貴重な未発表音源が
          収録されているため、音質のお聴き比べ
          で御紹介しています。
          Recommend
          ディスク・ガイド・シリーズ ジャズ・ギター (The DIG Presents Disc Guide Series JAZZ Guitar)
          ディスク・ガイド・シリーズ ジャズ・ギター (The DIG Presents Disc Guide Series JAZZ Guitar) (JUGEMレビュー »)
          久保木靖

           私が自主制作にて作らせて
          いただいた復刻CD
          『デイヴ・バーバー・レコード・コンサート』
          (LC-109) を掲載・紹介してくださいました。
          ジャズ・ギターに御興味のある方には、
          とても興味深いガイドブックになると思います。
          Link
          Profile
          Search
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM